夜勤専従パートは子育てナースには難しいかな?

夜勤専従パートは子育てナースには難しいかな?

給料が高いことで人気のある、夜勤専従パートですが、このシフトに従事しているのは、
独身の看護師が多いのではないか、という印象が強いと思います。
しかし、実は、小さな子供がいる方のほうが働きやすかったりするんです。
たとえば、2交代制のシフトの場合、16時頃から、翌日の朝9時頃までが勤務時間となります。
その為、夜間に子供を預ける事ができさえすれば、子供が起きている日中に、子供と一緒に過ごすことが出来るんです。
子供の寝ている間に働く、というとても効率の良い働き方ができます。

最近では、病院の子育て環境も整ってきているので、夜勤専従勤務のママさんナースの為に、24時間制の院内保育園を設置してる病院も、とても多く見受けられます。
食事やおやつの世話もしてくれるので、全く心配する事がありません。

このような施設を利用すれば、安心して夜勤に従事できますし、
院内の施設なので、融通を効かせてもらう事ができます。

このように、夜勤専従パートというのは、決して、子育てナースに難しい働き方ではありません。
交代制の勤務に比べると、夜勤だけしかありませんから、慣れてしまえば、逆に、生活のリズムが整ってくるものです。
夜勤専従パートは、子育てナースにとって、新しい働き方だと思います。