ナースバンクは失敗する?

ナースバンクは失敗する?

看護師の求人を探す時に、ナースバンクを利用すると言う方も多いですよね。

ナースバンクは、看護協会が運営する看護師の為の就職や転職を斡旋する機関です。

各都道府県に1か所以上はあり、ネット上でも会員になる事で求人情報を見る事が出来る。

ナースバンクは、ネット上で求人を探す場合は、ナースバンクに登録をし、履歴書のように細かい部分までの記載をする。

働きたい科や常勤・バイトなどの希望、働きたい地域や希望条件などを登録すると求人情報を見る事が出来ます。

1度、求人中で登録すると、条件に合った求人がある度に求人の依頼がきます。

こちらが止めるまでずっと、電話やはがきなどで求人情報のお知らせがあります。

ナースバンクのスタッフは、元看護師さんが多いですね。

年配で看護師の経験が長い方が定年後に再就職するパターンもあります。

ナースバンクは、求人数も結構多いですし、何となく良さそうなイメージがありますが、実はそうでもないのです。

それは、ナースバンクに何度か行った事がある方や、ネット上で求人探しをした事がある方なら分かると思いますが、常勤やパートの求人は豊富ですが、バイトや派遣の仕事はとても少ないですね。

また、いつも同じような求人ばかりで、常時求人を募集している所が多いですね。

常時求人の募集をしている所は、スタッフが常に不足していたり、スタッフの定着率が悪い所が多いですね。

スタッフの離職率が悪い所が働きやすい職場である事はまずないでしょう。

つまり、ナースバンクの求人はハズレが多いのです。

ナースバンクの様に誰でも求人情報を見れる求人を公開求人と言いますが、公開求人にしている所は、やはりスタッフを急募していたり、常にスタッフが足りない所が多いので、勤務条件が悪かったり、人間関係が悪い、残業が多いなど何か問題のある所が多いのです。

好条件の求人の8割以上は非公開求人だと言われています。

非公開求人は、看護師求人情報サイトで見つける事が出来ますよ。