あなたの職場にはどのような方が多いですか?

あなたの職場にはどのような方が多いですか?

私の働く老人保健施設は、独身が一名、あとは既婚者です。

若いママさんナースも多く、半数が若い人です。
また残りの半数は50代以上の方になります。

ママさんナースが多い理由として、やはり働きやすい職場だという事がいえます。

組織として、育児休暇や育児時間の取得は100パーセントですし、看護課内でも、そういったことに理解があります。

年配のナースも、孫など生まれ子育てへの理解、働くママさんナースへの理解があります。

年配ナースのほとんどが、昔はそういった事に職場も家庭でも理解がなく、止むを得ず離職していたと聞きます。

しかし、自分の息子や娘たちが共働きでなければ安定した収入を得られず、孫の世話などしながら共働きを応援するようになり、若いママ

さんナースへの理解も大きくなったようです。

ですから、子供の急な病気などで欠勤があっても、仕方ない事だとフォローしてくれます。
また、休み希望なども子供が小さいうちは色々と大変だろうからと考慮してくれます。

夜勤の希望なども、子供の都合に合わせたシフトを組んでもらう事が出来ます。

また、年配になると仏事や部落の祭り、親の介護、孫の世話等の休みが増えますが、日頃協力してもらってる若いナースでそこはフォロー

しています。

若くても、年配でもお互いに色々とプライベートは忙しいですが、そこをフォローし合える職場というのは素晴らしいと思います。

そういった良き人間関係があるからこそ、働きやすい職場になっていますね。

働く女性にとって、給料が良いとか、仕事が楽だとかいうことよりも、プライベートが充実できる職場は魅力的です。


ですから、若いママさんナースから、年配の方まで多くの年代が苦痛なく働けているのだと思います。