看護師転職サイト徹底攻略

デイサービス看護師は楽しい!

看護師の派遣というと派遣会社に登録をする方が多いと思います。

最近では、派遣会社よりも看護師求人情報サイトを利用する方の方が多いですね。

派遣会社の求人はデイサービスや老健・グループホームなど介護系の求人が多いですね。

派遣会社のデメリットは、求人数が意外と少ないと言う事です。

いつも似たような求人ばかりで、変わり映えがないのです・・・。

その点、看護師求人情報サイトは求人数が圧倒的に多く、派遣先も多いので、いつも目新しい求人を探せますから、飽きる事もありません。

デイサービスは、バイトやパートで働くと、とても給料が安いですね。

安い所だと時給1000円位からです。

だいたい、時給1200~1500円位が多いですね。

同じ職場でも、派遣になるとデイサービスでも時給1800~2200円位なので高給になります。

また、バイトやパートは、働く曜日や時間をある程度決められてしまいますが、派遣の場合はシフトの自由が利くので、都合の悪い時はあらかじめ仕事を入れいようにすれば良いので、ライフスタイルに合わせた働き方が出来るのです。

デイサービスは、一般の病院の経験しかない方が初めて見ると違和感を覚えたり、物足りなさを覚えると思います。

医療行為はほとんどなく、看護師よりも介護士やPT・OTの方が重要視されるので、ちょっと物足りない感じがしますね。

看護師の役割は、利用者の健康管理ですから、急変時などは活躍しますが、それ以外は介護士やPT・OTと同じ仕事をしたり、介助をしたりがメインになります。

看護師としてバリバリ働きたい!という方には向いていないと思いますよ。

デイサービスの場合は、送迎の時間がきちんと決まっているので、残業はまずありません。

常勤の看護師になると、翌日の準備やスタッフの配置表を作ったり、その日の日誌を書いたりと仕事も多いのですが、派遣なら時間通りに帰れますね。

穏やかにのんびりと仕事がしたい方にはデイサービスの仕事がピッタリだと思いますよ。

ナースバンクは失敗する?

看護師の求人を探す時に、ナースバンクを利用すると言う方も多いですよね。

ナースバンクは、看護協会が運営する看護師の為の就職や転職を斡旋する機関です。

各都道府県に1か所以上はあり、ネット上でも会員になる事で求人情報を見る事が出来る。

ナースバンクは、ネット上で求人を探す場合は、ナースバンクに登録をし、履歴書のように細かい部分までの記載をする。

働きたい科や常勤・バイトなどの希望、働きたい地域や希望条件などを登録すると求人情報を見る事が出来ます。

1度、求人中で登録すると、条件に合った求人がある度に求人の依頼がきます。

こちらが止めるまでずっと、電話やはがきなどで求人情報のお知らせがあります。

ナースバンクのスタッフは、元看護師さんが多いですね。

年配で看護師の経験が長い方が定年後に再就職するパターンもあります。

ナースバンクは、求人数も結構多いですし、何となく良さそうなイメージがありますが、実はそうでもないのです。

それは、ナースバンクに何度か行った事がある方や、ネット上で求人探しをした事がある方なら分かると思いますが、常勤やパートの求人は豊富ですが、バイトや派遣の仕事はとても少ないですね。

また、いつも同じような求人ばかりで、常時求人を募集している所が多いですね。

常時求人の募集をしている所は、スタッフが常に不足していたり、スタッフの定着率が悪い所が多いですね。

スタッフの離職率が悪い所が働きやすい職場である事はまずないでしょう。

つまり、ナースバンクの求人はハズレが多いのです。

ナースバンクの様に誰でも求人情報を見れる求人を公開求人と言いますが、公開求人にしている所は、やはりスタッフを急募していたり、常にスタッフが足りない所が多いので、勤務条件が悪かったり、人間関係が悪い、残業が多いなど何か問題のある所が多いのです。

好条件の求人の8割以上は非公開求人だと言われています。

非公開求人は、看護師求人情報サイトで見つける事が出来ますよ。

あなたにとって働きやすい職場とはどのような職場だと思いますか?

私は子供が二人います。
子供を育てながらの仕事は、色々と大変な事が多いです。

小さい頃は保育園の迎えなど、毎日ぎりぎりで夕方になると急な残業が起きないかハラハラしていました。

また、子供は病気も多いですから、職場の外線が鳴るとドキッとしていました。
保育園などから、熱が上がったとの連絡がくるとすぐにお迎えにいかなければなりませんし、熱が下がらなければ数日お休みしなければなりません。

また、下の子供は喘息がありしょっちゅう発作を起こしていたので、入院なども多く職場と病院の往復の日々でした。


私のように常勤で働きながら子育てをしているママさんナースは多くいます。

ママさんナースにとっては、何よりも子供の事が一番です。

給料が多いとか、仕事が楽だという事よりも、子育てを充実させれる職場が一番ですね。

例えば休みを取りやすいとか、有給休暇を消化しやすいと、子供の行事なども行きやすいですし、子供の休みに合わせて遊びに行く事も出来ます。

また、ナースがある程度多い職場ですと急な欠勤にも対応しやすいので、あまりナースの人数が少なくない方がいいですね。

ママさんナースが多いとか、上司が子育てに理解があると、周りの協力も得やすいですし、肩身の狭い思いをせずに済みます。


また、残業など多いと子供のお迎えなどにも支障が出ます。
家族がお迎えなどいけるうちはいいですが、いないと自分で迎えに行くしかありません。

出来れば残業はあまりない方がたすかりますし、あってもどうしても無理な時は融通をきかせてもらえる職場なら助かります。

やはり、ママさんナースが多い職場は、そういった面でのフォローもありますし、お互い様で助け合いながら働けるので助かりますね。

子育てをしながら働く上で、そういった事がうまくいかないと非常にストレスになります。

ストレスがたまると、家にいても笑顔が減りますし、小さな事でイライラしたり、子供にとっても良くありません。

私にとって働きやすい職場は、子育てを理解してもらえ、シフト希望を出しやすかったり、残業が少ない職場が一番かな...と思います。

大学病院はどんな所ですか?

大学病院は一言で言うと身体的にも精神的にもとてもハードな所です。

最先端の医療機器が整っていたり、新しい治療や薬をどんどん取り入れて治療を行うので、看護師も常に勉強をしていないとついて行けま

せん。

大学病院は研修医が多く、ドクターの異動も激しいです。

複雑なケースの患者さんや、重症度が高い患者さんなどが多いので、他の病院では見れない様なオペや治療を勉強出来ると思います。

看護師としてバリバリ働きたい方、キャリアアップを目指す方などにはとても向いていると思います。

業務がとてもハードなので、なかなか患者さんと接する時間がないのが悩ましいですね・・・。

大学病院では、看護師は看護師の業務に専念出来るように、コメディカルやボランティアが充実している所が多いと思います。

例えば部屋移動やベッド移動は専門の職員が行いますし、入院の際の案内も外来のスタッフが行うので病棟のスタッフの仕事ではありませ

ん。

環境整備や着替えなども専門のスタッフがいるので、看護師の仕事ではありません。

一般病院の場合は、看護師は雑務も含めて患者さんの周りにいつもいる存在ですが、大学病院では処置など必要時以外はあまり患者さんの

周りにはいない印象です。

ドクターの回診についたり処置や検温の時以外は、ナースステーションでカンファレンスなどをしている事が多いですね。

沢山の専門スタッフがいるおかげで、看護師としての専門業務に専念出来る環境はとてもありがたいですね。

あなたの職場にはどのような方が多いですか?

私の働く老人保健施設は、独身が一名、あとは既婚者です。

若いママさんナースも多く、半数が若い人です。
また残りの半数は50代以上の方になります。

ママさんナースが多い理由として、やはり働きやすい職場だという事がいえます。

組織として、育児休暇や育児時間の取得は100パーセントですし、看護課内でも、そういったことに理解があります。

年配のナースも、孫など生まれ子育てへの理解、働くママさんナースへの理解があります。

年配ナースのほとんどが、昔はそういった事に職場も家庭でも理解がなく、止むを得ず離職していたと聞きます。

しかし、自分の息子や娘たちが共働きでなければ安定した収入を得られず、孫の世話などしながら共働きを応援するようになり、若いママ

さんナースへの理解も大きくなったようです。

ですから、子供の急な病気などで欠勤があっても、仕方ない事だとフォローしてくれます。
また、休み希望なども子供が小さいうちは色々と大変だろうからと考慮してくれます。

夜勤の希望なども、子供の都合に合わせたシフトを組んでもらう事が出来ます。

また、年配になると仏事や部落の祭り、親の介護、孫の世話等の休みが増えますが、日頃協力してもらってる若いナースでそこはフォロー

しています。

若くても、年配でもお互いに色々とプライベートは忙しいですが、そこをフォローし合える職場というのは素晴らしいと思います。

そういった良き人間関係があるからこそ、働きやすい職場になっていますね。

働く女性にとって、給料が良いとか、仕事が楽だとかいうことよりも、プライベートが充実できる職場は魅力的です。


ですから、若いママさんナースから、年配の方まで多くの年代が苦痛なく働けているのだと思います。

年収と月給の違い

月給は基本給プラス、家族手当や通勤手当、残業手当、夜勤手当などの諸手当を含んだ一月の収入をいいます。
ここから、所得税や雇用保険、厚生年金などが引かれて、手取りとしてお給料を頂きますよね。

基本給は、たいてい相場がありますから、お給料が良いとか悪いとかは、手当によってかなり左右されます。


年収は、月給×12ヶ月に賞与などを足したもので、年間の総収入になります。

賞与の額は、基本給が何ヶ月分になるかに寄って変わってきます。
月給は平均並みでも、賞与が4・ヶ月分くれば年収はそれなりにもらえます。0

私が病院から、老健施設に転職した時のことです。
病院より老健施設は給与がだいぶ安いということで、病院の月給にいくらでも近くなるよう、住宅手当という形で手当をつけて頂きました


おかげで月給としては以前とさほど変わらない額で支給して頂けました。
しかし...年収はものすごく下がりました。

介護施設は、病院に比べて月給も少ないですが、賞与もかなり少ないのです。

病院では基本給25万×5ヶ月分
老健施設は、基本給20万×2.5ヶ月分
ざっと75万の差ですね。

基本給が低くなる分、住宅手当として4万の手当がつけていただいた為、月給はさほど差がありませんでしたが、年収はおよそ100万ほど下

がりました。

一年働いてみて、こんなにも差があるものかと驚きました。
転職する際、つい月給だけ

現在の職場の給料はどうですか?

私の働いている大学病院は、都内という事もあり、給料は高いと思います。
ハードな職場の為、残業や夜勤手当も多いんですが、基本給自体が、民間の病院と比べると、高いようです。
基本的に、給料が高い職場というのは、業務がハードな職場、だという事が言えると思います。

キツイ先輩が多く、仕事はハード、そして残業続きの毎日ですが、給料が高いという事は、
モチベーションのアップに繋がります。
毎月、残業や夜勤手当だけで、月に15万円くらいあります。
1年目の時には、年収が500万円を超えました。
今は、看護師2年目なんですが、年収600万円くらいはあると思います。

給料だけを見ると、とても恵まれていると思うかもしれませんが、プライベートな時間を削って、
ハードな仕事をしているのですから、
これくらい給料をもらわないと、割りに合わないと思っています。
彼氏とのデートもなかなか出来ない状態です。

しかし、給料が高いから、今の職場で働いているわけではありません。
一度始めた仕事は、3年は続けようと思っているからです。
一人前の看護師になる為には、どんなに辛くても、3年は絶対に辞めない、と強く心に誓っています。
仲の良い同期同士、助け合って頑張っていこうと思っています。